♪♪♪ 食卓と田んぼ日記 ♪♪♪

★ たまゆたかの収穫 ★

 干し芋歴・二年目のある日。
 干し加減を見るための味見中。

 まだ半乾きでも、うまいんだね、コレが♪

 背中の娘も、食べたそう(●^o^●)

 お母さんはね、昔、芋姉ちゃんと呼ばれたこともあったんだよ。どういう意味だったんだろう??



 とりあえず、とりこんでみました。
 本当は、もう少し干したかったけど、雨が続く天気予報だったので、カビが心配される前に取り込み、ジップロップに入れて保存。冷蔵庫に入れて置けば、しばらく持つと思います。

 が、とにかく美味しく、家族皆大好きなので、2・3日ですぐに平らげてしまうので、何日くらい持つかは正直わかりません。



 こうして、魚干しの網で干せば、虫の心配もなし。
 雨や、強風などで屋内に取り込む際も、ひょいと移動できるので、とっても便利です。

 網がなくても、少量なら、ざるに広げて、日当たりの良い場所に干せば、窓際の狭いスペースでも出来るかもしれません。自宅で干し芋作り、おすすめしまーす!!



 干し芋用の芋・たまゆたか。
 作付、今年三年目。二人の娘も、成長し、畑で一緒に芋掘り・土いじりを楽しんでくれるようになりました。

 目を離せるようになり、心おきなく畑作業ができるようになりました



 見てみて!デッカイ!!

 お母さんの自慢の太ももと、どっちが太い?!?!



 大きなカブ。ならず、大きな芋!!



 うんとこしょ、どっっこいしょ!!



 まだ抜けない。。。

 姉は、大きなカブのおじいさん役になりすまし、妹は冷静に「もういい?」



 私、こっちでいい。

 掘るの楽だもん。



 今年は、たくさん作付したので、芋掘り隊!の美女グループが助っ人に来てくれました。

 みんな、一生懸命です。

 芋のツルを刈ってから、スコップを使って芋を掘ります。掘った後は、取り残しがないか、鍬で耕しながら確認です。
 かなりの重労働、日ごろの運動不足もあって、鍬を持つ手は震えてますよ、ほんとにっ。太ももも、お尻も、筋肉痛~。

 お昼は、河川敷に腰をおろして、芋畑を眺めながら、おにぎりをほおばりました。青い空、穏やかな気候、芋掘りトレーニングの後のおにぎりは、格別でした。



 無農薬・無施肥のたまゆたか。

 国産の干し芋は、子供のおやつに最適!歯固めにもお勧め!!しかし、買えば高価。ならば、手作りしたらいいじゃん!なのに、干し芋用の芋は、なかなか売ってないことに気づいたんです。

 手作り派の皆さん、応援しますよ。

 数量限定ですが、芋、販売できますよ。お問い合わせは、田でん虫むしまで♪



 芋掘り隊。



 ちびっこ芋掘り隊。



 たまゆたか芋です・・・<BR><BR>

 たまゆたか芋です・・・



本ウェブサイトは下記により運営されております。
農業生産法人(株)田伝むし 代表取締役 木村純
〒987-1102 宮城県石巻市和渕字清水-93-1
TEL/FAX 0225-72-2480/E-mail sknth507@ybb.ne.jp


「農薬を使わないササニシキの稲作」に取り組む農家仲間の情報交換「田力ブログ」です。


copyright(c)2004 HOTARUI.COM All Rights Reserved